清酒 仁喜多津

清酒 仁喜多津 大吟醸酒 三十五清酒 仁喜多津 大吟醸酒 三十五

清酒 仁喜多津 大吟醸酒 三十五

酒造好適米「山田錦」を35%まで磨き上げ、
仕込み水には熟田津の良水 を使用しました。
フルーティーな味わいと、
独特の立ち香、 含み香のある大吟醸ならではの
華やかな味わいが特徴。
一世紀以上に渡る歴史の中で育まれてきた
蔵人の技が生きる逸品です。
全国新酒鑑評会連続金賞
清酒 仁喜多津(上撰・媛印)清酒 仁喜多津(上撰・媛印)

清酒 仁喜多津(上撰・媛印)

原料と製法へのこだわりはそのままに、
愛媛の地酒のうまさをお気軽に
お楽しみいただける「清酒 仁喜多津」。
ぬる燗で、またはあつ燗で、芳醇な味と香りと
柔らかな舌ざわりをお楽しみください。
清酒 仁喜多津 純米吟醸酒清酒 仁喜多津 純米吟醸酒

清酒 仁喜多津 純米吟醸酒

日本酒の粋。それが「純米吟醸」。
厳選した伊予の酒米を磨きあげた、
純米100%の豊かなうまみと、
熟田津の良水の澄みきった味わいが
絶妙のハーモニーを奏でます。
清酒 仁喜多津 生貯蔵酒<清酒 仁喜多津 生貯蔵酒

清酒 仁喜多津 生貯蔵酒

まろやかでデリケートな舌ざわりの生貯蔵酒。
蔵出しの味と香りが生きています。
冷用やオンザロックでどうぞ。
伊予の薄墨桜伊予の薄墨桜

伊予の薄墨桜

天平の昔、天武天皇が道後温泉にお留まりの時に、
皇后の病気が伊予の西法寺の祈祷により回復し、
お喜びになった天皇より、薄墨の手紙とともに
一本の桜を賜ったという伊予に伝わる西法寺の名桜の伝説。
そのやさしい色合いを思わせる、おしゃれな一献です。
愛比売(えひめ)愛比売(えひめ)

愛比売(えひめ)

遠く古事記に“伊予ノ国を愛比売(えひめ)と謂い”と 伝えられる
愛媛の名の由来。
美しい女性を意味するその名にふさわしい
艶やかな一献をお楽しみください。
秋山兄弟秋山兄弟

秋山兄弟

秋山好古、秋山真之の兄弟の名前を冠した生貯蔵酒です。
しぼりたてのうまさそのままに、
蔵出しの味が生きている、
デリケートでまろやかな舌ざわりです。
冷用・オンザロックで楽しめます。
一浴一杯 (いちよくいっぱい)一浴一杯

一浴一杯(いちよくいっぱい)

酒をこよなく愛した漂泊の俳人・種田山頭火にちなんだお酒。
山頭火さんは道後温泉が好きで、入浴後に
一杯飲むことが楽しみだったと日記に記しています。
やや辛口の味わいです。
お燗にしていただきますと一層おいしく
お召し上がりいただけます。お湯上りにどうぞ。
伊予の湯桁(いよのゆげた)伊予の湯桁(いよのゆげた)

伊予の湯桁(いよのゆげた)

平安時代の民謡や源氏物語にも登場する
「伊予の湯桁」の名をいただいたお酒。
遠い平安時代の思いを馳せながら、伊予の酒米100%のうまみと
熟田津の良水の澄み切った味わいと香りをお楽しみください。
伊豫之國 水軍太鼓伊豫之國 水軍太鼓

伊豫之國 水軍太鼓

水軍の荒々しさをイメージした、アルコール度数の高い原酒は
清冽で豊潤に仕上がっています。
スッキリとした味わいと豊かな香りをお楽しみ下さい。
熟田津熟田津

熟田津(にきたつ)「上撰酒」

万葉の時代に思いを馳せるロマンあふれる清酒。
万葉の時代、道後温泉周辺は熟田津(にきたつ)と呼ばれ、 額田王は
〜熟田津に船乗りせむと月待てば、潮もかないぬ、今は漕ぎ出な〜と詠まれました。
その熟田津の良水で仕込んだ上撰酒です。
月待てば月待者(つきまてば)

月待者(つきまてば)「純米酒」

額田王が読まれた和歌に名をいただく清酒。
遠く万葉の時代。額田王(ぬかたのおおきみ)が、伊予の熟田津〜
今の道後周辺〜で《熟田津に船乗りせむと月待てば、潮もかないぬ、
今は漕ぎ出な》と詠まれた歌から名をいただいた
ロマンあふれる純米酒です。
NEXT ONE受賞